血圧を下げるのにできることできないこと

私は30代前半で高血圧症と診断されました。この年齢では老化によるものとしてしかたないものとしてあきらめたくはなかったのでまず血圧に関する知識を得るようにしました。高脂血症や塩分によって血圧が上がるというのはよく知られているので食品による脂肪分や塩分などはできるだけ少ない量にするようにしました。

 

しかし塩分には人それぞれに塩分の感受性というものに個人差があり一般にいわれている「一日に何グラム以下にしましょう」というのが個人差が大きく一概に言えないということを知りました。そういうことから絶対的な目標というよりも少な目を心ががけるといった対策にしています。

 

高血圧と診断されたそれまでの私の生活は確かに学生のとき比べると運動不足でしたが、毎週スポーツジムに通い、食事も野菜も好きで、好き嫌いなく万遍無くバランスの取れた食生活だと思っていたのでそれ以上の生活改善方法はかなりストイックな生活をしていかなければならないことでした。

 

しかし、一番の高血圧の原因は仕事によるストレスだと思われるので、治療で我慢しすぎてイライラによるストレスを引き起こすと逆に血圧を上げてしまうので、ストレスに感じない程度の塩分量、運動量を継続していくことが目標になりました。

 

薬を飲むことで血圧は抑えられていますが、薬を飲んでも血圧が上がっていくという例も多い中、ここ数年は血圧上昇なく維持されているので効果はあるのだと思います。"
【41歳・男性】