減塩生活で血圧が下がりました

家系的に高血圧の私でしたが、それまで受けた健康診断では血圧の数値は正常でした。
それで油断した訳ではないのですが、40歳手前の健康診断で高血圧と診断されてしまったのです。

 

いよいよ来たかと思いました。
母親から高血圧の怖さは繰り返し聞かされていましたので、遅まきながら、私も高血圧の対策を講じるようになりました。

 

具体的には食事の減塩です。高血圧の家系であることを忘れて、濃い味付けを好んでいた私にとって容易ではありませんでしたが、なるべく薄味を心がけるようにしました。
目安としたのは、一日につき塩分10gです。
本来ならもっと減らすべきなのですが、塩辛い食事に慣れた私には、これ限界でした。
しかし、それでも今までと比較すると、大幅な減塩になることは間違いありませんでした。

 

妻も積極的に協力してくれました。
それまでは、昼食は外食やコンビニの弁当が多かったのですが、特製の減塩弁当を毎日持たせてくれたのです。

 

体が減塩生活に慣れたころ、役場の健康イベントで血圧を測ってもらいました。
すると、ほぼ平常値になっていたのです。妻と大喜びしました。
しかし、油断は出来ません。これからも減塩生活を続けて、健康に毎日暮らしていけるよう頑張ります。
【40歳・男性】